ronの自転車よしなしごと

【千葉県&茨城県】自転車で活動中のおっさん自転車乗り【ron】が、自転車の事をあれこれ書き綴るブログです。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

第100回 出先でもできるチューブラータイヤの応急処置とローラー台の記録  

(´・∀・)ノ


先日、パンクしてしまったチューブラータイヤですが、どうせ交換するならと、ちょっと実験してみました。

って、タイトル長げぇな・・・
前回も書きましたが、チューブラータイヤで何が一番面倒か、と言えば「パンク時の処置」ですよね。

遠く迄走りに出ている時には「タイヤ交換」でしょうが、チューブラータイヤのパンクは、殆どの場合「スローパンク」になる様なので、エアを継ぎ足し継ぎ足ししながら帰って来る事ができれば、ホイールから取り外して「縫う」という方法もあります。


でも、取り外す&再接着も手間が掛かるし、縫うたって裁縫なんて、小学校の家庭科の授業でやったきりです。

もっと簡単楽々な方法は無いものか・・・


そこで試してみたのが「瞬間接着剤を直接垂らして穴を塞ぐ」という荒っぽい方法

使用した接着剤は、以前100均で購入した安っすいヤツ。

垂らして15分程放置してみました。


結論から言いますと、一応塞がってはいるみたいです☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノ

塞ぐ前は、エアが120psiに到達するとエア漏れの音が聞こえてきましたが、接着剤を施した後は、130psiまで入れても音は聞こえてこず。


「一応」なのは、処置後走っていない為。

ローラー用のR500から交換して走ってみようと思ったのですが、雨がパラついて来てしまったので(´・ω・`)


でも、「エア漏れの音が聞こえてこない=漏れていない」と考えて良いと思うのですね。

余程遠くで無い限り、家まで何とかなるんじゃないかな。


勿論、応急処置的なものですので、この状態でずっと乗り続けるのはどうかと思います。

ですが、出先でタイヤ交換するよりは良いんじゃないのかなぁと思うのですが、いかがでしょ?





Garmin connect

2012年9月21日①


2012年9月21日②


この日は、のりのりさんの仕事が13時終了と少し早く帰って来た為、中途半端になってしまいました(´・ω・`)

在宅時に部屋で回そうとすると、嫌がられるのでやめざるを得ません(´・ω・`)

機嫌を損ねる訳にはいきませんからね・・・

なので、帰りが早い事に気が付いた時点から「L3上限」=「リア21・ケイデンス105前後」と負荷Up。


後数℃気温が下がれば外で回せるかな?

だいぶ秋めいてきたし、そう遠くは無いはずです(´∀`*)



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

category: 【自転車・ローラー台の記録】

thread: 自転車(スポーツ用) - janre: スポーツ

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。